お名前スタンプの通販ショップ | ギフト彫刻工房ソライロ

ホーム > シャチハタについて

シャチハタについて

ネーム印がひらいたシャチハタの世界

 「ネーム印といえばシャチハタ、シャチハタといえばネーム印」と言っていいくら、シャチハタはネーム印の代名詞になっています。
 シャチハタは、ネーム印を1965年に発売しています。正式な商品名は「Xスタンパー」と言います。
 「Xスタンパー」は爆発的に売れ、シャチハタの名前を一気に全国に知らしめました。
 以来、シャチハタはネーム印の代名詞です。

シャチハタの歴史

 ちなみに、シャチハタの前身、舟橋商會は1925年(大正14年)に愛知県名古屋で創業。インクが乾きにくく、補充せずに長期間使える「萬年スタンプ臺(台)」を販売しています。最初からスタンプの仕事をしていたんですね。
 1940年ごろから「シャチハタ」という社名になりますが、これにはおもしろい話があります。
 「万年スタンプ台」は当初、「日の丸印の万年スタンプ台」という名前で売られましたが、国旗である日の丸を商標にしてはいけないとの指摘を受け、別の商標を考えなければならなくなりました。
 そこで、創業者の舟橋金造は、「名古屋のシンボルといえば名古屋城の金のシャチホコ」ということで、日の丸の中に金鯱をおさめたマークを考案し、商品名を「鯱旗印の万年スタンプ台」としました。
 そして1965年、シヤチハタ工業株式会社(当時)はインク浸透印の開発に成功し、「Xスタンパー」として発売。インク浸透印の業界を切りひらき、最大手に成長しました。

インク浸透印とは?

 朱肉にもスタンプ台にもつけていないのに、連続してペタペタと捺印できる「インク浸透印」。
 はじめて手にしたときには、少し不思議に思ったものです。

 どうしてこんなことができるのでしょうか。
その秘密は、印面のゴムにあります。
 ふつう、ゴムは水や油といった液体を通しませんが、インク浸透印のゴムは、目には見えないほど小さな穴が無数に開いており、スポンジ状になっているのです。
 この穴を通して、印本体からインクがしみ出していき、捺印が可能になるわけです。

 では、どうやってその穴を開けているのでしょうか。
 極細の針をたくさん使って?
 ちがいます。使うのはなんと、「食塩」です。
 ゴム、カーボンなどの素材に食塩を練り込みます。次にこれを型につめて成形します。そして、お湯で煮ます。お湯で煮ることで食塩が溶け、多孔質のスポンジ状ゴムができあがる、というわけです。

 インクがしみ出して、スムーズに捺印するために多すぎも少なすぎもしない、ということを実現するためには、それなりの技術力が必要です。
 それに加えて、インクの成分や粘度も多孔質ゴムとのバランスを考えて調整されています。ですから、シャチハタのインク浸透印には、他社のものではなくシャチハタのインクを使うようにしましょう。シャチハタ以外の製品についても同じことが言えますが、別のメーカーのインクを使うと、使用上の不具合が生じてしまいます。

シャチハタ製品のいろいろ

 シャチハタを代表する製品といえば、何と言ってもネーム印ですが、そのほかにもさまざまな製品があります。

 まず、法人でも一般個人でも使う機会がありそうな、贈答用の定型スタンプを見てみましょう。
 ネーム印とはちがって、長方形の角型になります。インク色は黒のみ。タテ書きで書体は手書き風の行書体が用いられます。
 印面は「御中元」「御歳暮」「御年賀」といった季節のご挨拶向けのものや、「御祝儀」「内祝」「御霊前」「御香料」といった慶弔時向けのものなどが豊富にラインナップされており、熨斗(のし)の表書きに手軽に活用できます。

 ビジネス向けの定型スタンプも見てみましょう。
 こちらも長方形の角型になりますが、インク色は黒ばかりでなく、赤や藍色、朱色なども用意されています。タテ書きもヨコ書きもあり、書体は楷書体です。
 印面には「親展」「御中」「領収済」「請求済」「発注済」「社外秘」など、ビジネス上の書類に便利に使えるスタンプが豊富にラインナップされています。

 簡潔なビジネス用スタンプには丸型のものもあります。
 印面の直径は16ミリ前後とやや大ぶりで、インク色は赤や藍色や緑があり、書体は楷書体です。
 「済」「検」「合」「秘」といった1文字のものや、「領収」「受取」「重要」といった2文字のものがあります。さらには、「食前」「食後」「ねる前」といった、医療向けのスタンプも用意されています。

印鑑セットのギフトを贈るなら

店舗名 印鑑ギフトのギフト彫刻工房ソライロ
住所 〒960-0116 福島県福島市宮代字瘤石22-1
TEL 050-5846-6051
URL http://www.gift-sorairo.com/